テレワークのためのボイストレーニング

「テレワーク」という言葉が2020年に入ってからやたらと耳に入ってくるようになりました。それまでは、日本の企業では当たり前に通勤をして、当たり前に対面で仕事をしていましたが、その場所に出向かなくても、パソコンを自宅に持って帰り(出来る業態と出来ない業態があるのが前提ですが)、自宅で仕事をするような動きが普及しています。

テレワークでの問題は通信で、業種の内容によっては通信不可能な場合もあります。ZOOMなどのツールは、個人的なアドレスなどの情報を相手に開示しなくても、IDとパスワードのみで会議に入れるため、取り扱っている会社は多いと思います。

対面ではない状況でのコミュニケーションは実に難しい。

通常、ボイストレーニングスクールで行うレッスンは、「声を良い声にするためのノウハウ」を学んだり、滑舌の不便さを正したりというような内容をメインで行い、それらを整えることにより「良いコミュニケーション」を行っていきましょう。という内容ですが、ムラーラのオンラインレッスンでは、少し変わったアプローチ方法にてレッスンを行っていきます。

今現在ムラーラで行っている対面レッスンの中でも、相手からのイメージを良いものにする。という所まで掘り下げたコミュニケーションツールとしてのレッスンを行っています。

ボイトレメンタルトレーナー™である代表が作り出すメソッドに沿ったコミュニケーションスキルに特化したレッスンを行います。

さて、今回のように対面ではないコミュニケーションが難しい理由としては、

相手の表情が、対面よりもさらにダイレクトにわかる(相手にも理解されやすい)

会話がストップしている時間の扱いが困る。

複数人になった際の、会話の推移についていけない場合がある。

というようなことが挙げられます。

テキストは基本的に使用しません。

ムラーラのボイストレーニングメソッドは、基本的にテキストを使用しません。ですので、講師側に相当なコミュニケーション能力が必要となります。1回1回のレッスンにて、生徒さんと対面することにより、生徒さん側の会話の中で改善できる点や、イメージアップにつながる部分を強化するべく、トレーニング方法を選んでご呈示いたします。

それは、発声の基礎であったり、滑舌法であったり、はたまた歌のレッスンであったり、多岐にわかります。その時、その生徒さんに会ったメソッドを引き出して、1回1回のレッスンに役立てていきます。

完全オーダーメイドトレーニングです。

PAGE TOP